ワンピース100巻感想・考察!ゾロの覇王色,ジョイボーイとは

ONE PIECE考察・感想記事

ついにワンピース100巻が発売!!!!!
100巻ほんとにすごい!!
本当におめでとうございます!!

こんなにすごい漫画に出会えたこと、歴史的な瞬間に立ち会えたことワンピースファンとしてとても嬉しく思います。
尾田先生がおっしゃられているように物語はもう終盤ということもあり、1話1話内容が濃い!
ルフィの冒険の終わりもぜひ自分の目で立ち会いワンピース好きのみなさんと感動を共有したいと思います。

そんな内容の濃い話がつまった100巻の感想・考察をまとめてきます。
「覇王色」や「ジョイボーイ」など重要な情報が盛りだくさんなので参考にしてください。
みなさまの予想なども聞かせてくれると嬉しいです。

ジャンプを読んだ時の初見の感想・考察も書いていますので、より詳しく読んでくださる方はそちらも併せて読んでみてください!

のり助
のり助

では100巻パーリー盛り上がって行きましょう‼

スポンサーリンク

ワンピース祝百巻

今回はなんと言っても表紙が最高ですよね。

このザ・ルフィというような最高の笑顔。
下には両翼のゾロとサンジ。
エースとヤマトまで描かれて超豪華。

カバーめくって中の表紙もぜひご確認くださいね!

3巻つながる表紙なので次の表紙も楽しみ!
はやく3巻並べたいな。

百巻記念にさまざまなプロジェクトが進行中ですので100巻の最後でご確認ください。

スポンサーリンク

収録話

第1005話”悪魔の子”

ブラックマリアに捕まってボコボコにやられているサンジ。
やっぱりサンジは女キャラにあたると無理ですね(笑)

ここでサンジがロビンに助けを大声で求める。
敵キャラたちはみっともない・呆れたなど思っていますが、麦わらの一味やマルコのリアクションいいですよね。

ワンピファンはサンジが人に頼るようになった‼
とホールケーキ後のサンジの成長を感じれたシーンですよね。

ロビンとブルックが登場!
ロビンの中にある”悪魔”の部分とはなにかとても気になりますね。

ここの麦わらの一味の信頼関係ほんと最高‼

第1006話「侠客”花のヒョウ五郎”」

サンジがやっと動けるようになって状況整理中。
ここからサンジがどこに向かうか注目。

1006話は侠客・花のヒョウ五郎の一言に尽きるなという印象。
尾田先生は時代劇や任侠映画が好きみたいなので、こういうシーンはかきたかったんだろうなと感じました。

シンプルな力の強さ。
仲間のためになら自ら死を選ぶ心の強さ。
最後に人生悔いなしといえるほど全力で生きている。
ワノ国らしさ全開でした。

てかマルコ強い!
キング・クイーン相手にここまでできるとは。
マルコの戦いが見れるのも嬉しいポイントですね!

第1007話”たぬきさん”

チョッパーが大活躍‼

ヒョウ五郎親分を切ろうとしている所間一髪止めてからのキュピーン‼
なにこのかわいさ!!笑
危機一髪の状況とこのかわいさのギャップがやばい!

短時間で氷鬼に対抗するウイルスをつくりあげたチョッパーさすが。
さらに大砲でライブフロア全体にばらまくシーンがドラム島での桜を感じてなんか好き。

でためてためてからの「たぬきじゃねえー‼」
マルコとドレークのリアクションもgood。

モモの助の食べた悪魔の実は本当に失敗作なんでしょうか?
ベガパンクが納得いかなかっただけで、世間からみたら成功レベルではないのか?
これもワノ国の中ではわかるかなと思います。

で最後!!
おでん!!これ誰⁉本物⁉偽物⁉
これはほんとに驚きましたよね。
ジャンプで読んだ当初の考察もあわせてご覧ください。

第1008話”頭山盗賊団棟梁アシュラ童子”

おでんを目の前にして赤鞘たちは目に涙を浮かべ喜んでいるところ、アシュラがビシッと言ってくれました。
やはり生きているわけはなかったんですよね。

アシュラも本心では生きていることを願ってはいるだろうけど、おでんのいない悲惨なワノ国で20年戦ってきたという事実を受け入れて生きてきたのかななど感じました。

このおでんの正体は、カン十郎の描いた絵。
これはほんとにひどい。
ここまでおでんや赤鞘たちの気持ちを踏みにじってくるとは。

カン十郎の「フデフデの実」は描いた絵を遠隔操作できるということや喋ることもできることがわかりました。
これけっこう厄介な能力ですね。

最後のシーン、カイドウとビッグマムが二人並んでいるシーンこれほんと地獄。
ル「地獄なら何度も行ってきた‼」
ほんとルフィ達の旅は地獄のような戦いは山ほどあったもんね。
ほんとルフィ頼もしい。

第1009話”奈落”

四皇二人の協力技「覇海」これはえぐい。
巨人の「覇国」よりもさらに上といった感じですね。

これを一人で数秒受けきったゾロ。
ゾロも凄すぎる。

ゾロ・ロー・キッド・キラーの連携でカイドウとビッグマムを引き剝がすことに成功。
連携最高ですね。

落ちたビッグマムは一体どうなるのか⁉

第1010話”覇王色”

1010話で一番気になるのは、やはりゾロが覇王色使えるのかどうか。
左目が全然描かれていないのでこれが開眼してるのでは?という考察もされていますね。
カイドウに傷をつけただけでかなりすごいこと。

ゾロの覇王色に関しては今回発売されたビブルカードにも記載はなし。
まだ確定ではないですね。

またルフィが覇王色をまとう技をこの戦いの間に習得。
触れてねぇがルフィもできる日がくるとは…
これカイドウに勝てるんじゃないとかなりの期待が持てましたよね!

このルフィ、ゾロの活躍はほんと胸アツです!!

第1011話”あんこの仁義”

覇王色をまとえるようになったルフィですが、カイドウと衝突した際に空が割れていないんですよね。
これはまだルフィの覇王色が完璧ではないのかなと思いました。
空が割れるのがワノ国終わるまでには見れるかもしれないですね。

ビッグマムがお玉とおこぼれ町のためにページワンを攻撃。
このめちゃくちゃなビッグマムにも仁義があるんだなと思ってからの1013話読んだらやっぱりめちゃくちゃ(笑)
このビッグマムの一撃でぺーたんは脱落かな。

第1012話”うず”

1012話はいろんな感情が渦巻いている話でした。

ヤマトが「サシ」であることをかなり気にしている様子でしたが、カイドウのサシでしか見せないさらなる力があるのかどうか気になります。

サンジがゾロ抱えてるのも最高ですよね!

ここで一番かっこいいのはキレたナミ‼
子どもに手を出す奴は許せないナミのスイッチはいった本気の表情はめっちゃかっこいい‼

第1013話”Anarchy In The BM”

1013話はタイトルの通りビッグマムのイカレ具合爆発でした。
自分が仁義のことを言っていたのにお玉が逃げた瞬間殺そうとしたり、ゼウスに対する仕打ちだったりと。

ホーミーズはそれぞれかなり個性がありますが、この性格は何で決まっているのか気になりました。
ビッグマムの中にこれだけいろいろな性格が入っている可能性もありますよね。

ゼウスの最後ほんとに泣きそうになりました。
最後はビッグマムではなく優しくしてくれたナミを選んで、ビッグマムに立ち向かうもやられてしまいました。
ここからゼウスどうなるのか気になりますね。

覇王色をまとって勝てるかもとワンピファンは全員期待したと思いますがやはりカイドウはそんなに甘くなかった。
ラストシーンで気絶したルフィが鬼ヶ島から落ちていきました。
これどうなるの‼
誰が助けてくれるの⁉
めっちゃ気になりますよね。

第1014話”人生の大根役者”

「お前も”ジョイボーイ”にはなれなかったか」
カイドウがまた意味深発言をしてくれました。
ジョイボーイは名前ではなく誰かが呼ばれる愛称のようなものだということが今回わかりました。

ではお前もとは?
他にも候補がいたのか?
候補としてはロックス・ロジャーなどがありえそう。

カン十郎がまたおでんになって登場。
わかっていても菊はおでんを斬れませんでした。
ほんとカン十郎…

最後は錦えもんに斬られたカン十郎。
最後に見せた涙がかなり意味深でしたね。
役をまっとうしたカン十郎ですが、ほんとはおでんや赤鞘たちとの人生を選びたかったのか。
そっちの人生を演じきれなかったところが大根役者なのかなと自分は感じました。

第1015話”縁”

サンジがようやくクイーンと接触しました。
ジャッジとの関係がありそうなクイーンなのでなにか重要な情報を言ってくれるかもしれません。

カイドウの意味深がまたまた。
「”敗北”とはいつも信じがたいものだ」
これはロックスの敗北のことを意味しているのではないかと感じました。
ロックスとカイドウの過去編がホントに見たい!

モモの助と錦えもんの回想これは泣ける…

ルフィの声を届ける能力が描かれました。
モモの助にしか聞こえていないのかなと思いましたが、ポーラータング号のクルーたちにも聞こえているんですよね。
この”声”は一体何なんでしょうか。

最後手の鎖が解かれたヤマトが父カイドウという鎖を切りに登場しました。
この戦いも今後見どころですね。

気になったSBSまとめ

100巻最初のSBS

記念すべき100巻の最初のSBSが下ネタ系から始まった(笑)

記念の巻なのにこういう変態スタートするあたりもワンピース大好き!

山の神について

山の神の子どもの名前は「小山」

山の神や山の神の子どもが今後再登場する可能性は十分ありますね。

うるティ・ページワン

うるティとページワンはほんとの姉弟であることと、父が海賊で父が亡くなってからカイドウが二人えお引き取ったことがわかりました。

さらにうるティがカイドウの持っていた悪魔の実を2つ奪い能力者になったこともわかりました。

やはりカイドウは古代種や幻獣種の悪魔の実を大量に集めていたんですね。
それとワノ国を拠点にしていることも関係ある?

ブラックマリアの能力について

ブラックマリアの能力がスマイルでないことが確定。

少しの操作で変形点を変えることができるそうです。

ブラックマリアは薬等で変形点を変えているそう。
やはりベガパンクやシーザー、ジャッジ、クイーンなどがそういう薬を作る技術を持っていそうですよね。

そう思うとチョッパーすごいな。

カイドウの金棒の名前

カイドウの金棒の名前が「八斎戒」ということも判明。

まとめ

99巻で赤鞘たちを助けたあの影がまだ明らかにならないですね。
まだあの影がエネルである可能性は捨てきれません(笑)

それにしても100巻発売の興奮がまだまだ冷めないです!

これからもワンピースを大好きで居続けるなと改めて感じました。

ワンピースを通じて出会えたワンピースファンのみなさまもいつもありがとうございます‼

これからも一緒に盛り上がって行きましょう‼

コメント

タイトルとURLをコピーしました